洗濯機が壊れた!!新しく買う前に、買うときのチェックポイントを調べてみた…

こんにちは、かめパパです。

洗濯機が壊れました…

嫁ちゃん曰く、洗濯機からバキッと音がしたと思ったら脱水が出来なくなったとのこと…

とりあえず、洗濯機をひっくり返して覗いてみると…

ワイヤーが切れて、排水の蓋が明け閉め出来ない状態になっていました。

出来る事なら部品を取り替えて自分で直したいのですが、

嫁ちゃんの実家から、「半年前に新しい洗濯機を買ってから、全然使ってない洗濯機がある」との事で頂いた物で

なんと、20年近く前に購入した物らしいんです!!

見た目は綺麗な状態だったけど、さすがに替えの部品はもう売って無さそうでした。

とりあえず、家電量販店にお邪魔し話を聞いてみると…

発売してから8年までしか、部品の在庫を置いてないとのことでした。

これはもう買い換えるしかないなと…

洗濯機を買うときのチェックポイント

いざ、買うとなっても何を基準に選べばいいのか分からないですよね?

実際に僕もそうだったので少し調べて見ました!

・タテ型、ドラム型

・大きさ

・消費電力

・運転音

・値段

・使いやすさ

タテ型、ドラム型

まず、最初に考えるのはタテ型かドラム型かだと思います…

タテ型は昔ながらの一般的な投入口が上にあるタイプで、

洗濯物同士をこすり合わせて洗い、

水を多く使うので洗剤が泡立ちやすくて汚れが落ちやすく、またドラム型より値段が安め!

ドラム型は、少ない水で洗濯物を洗えるので節水、さらに叩き洗いで効率よく洗濯が出来ます。

また、少ない水に洗剤を溶かすので洗剤濃度が高く皮脂汚れに強いという特徴も!

それでタテ型、ドラム型の結局どっちがいいの??ってことですが…

現在、実際にご家庭で使用している割合で言うとタテ型の方がまだまだ多いようです。

ドラム型は値段が高いイメージと、まれに子供が事故に遭うイメージに影響されてるのかも知れませんね…

我が家は昔ながら使い慣れてる、タテ型にしました。

大きさ

新しく購入して、お宅に搬入、設置する際に経路を確保出来る大きさを事前に調べる必要があります!

いざ購入して、お宅に搬入出来なかった場合に

返却とかの手続きが大変ですよね。

また、逆に我が家のように古い洗濯機から新しい洗濯機に替える場合は

最新の洗濯機は、昔の洗濯機と同じ容量でもサイズが小さくなってますので…

一つ容量が大きい洗濯機を買った方がいい場合もあると思います!

我が家では実際に、7キロタイプから8キロタイプに替えました!

消費電力

消費電力も昔の物に比べたらだいぶ小さくなってます。

実際に今回買い換えた洗濯機は、今までに使っていた洗濯機と比べると電気料金が半分以上減りました。

ここで注意して欲しいのが店頭で、

電力=W

電力量=Wh

のどちらかで記載されていると思いますが

大事なのは電力量=Whですので、

店頭では電力量で確認しましょう!

運転音

デジベル=dB

洗濯機の運転音です。

これは少なければ少ないほどいいですので、少しでも少ない洗濯機を選びましょう!

ちなみに、我が家でも今回買い替えた訳ですけど…

さすがに20年前の物と比べると音が静かですね(笑)

値段

値段はいくらも安く済ませたいのが本当ですが…

やはり値段が安い物はそれなりに理由があります!

運転音が大きかったり、使用電力量が大きかったり…

例えば5万円の洗濯機と8万円の洗濯機が売ってるとします!

初期投資はの洗濯機の方が高いですが、使用電力量はの方が少ない場合…

10年後にはの方がトータル料金で全然安い場合もあります!

使いやすさ

投入口の大きさや、各メーカーの洗濯機にそれぞれの特徴がありますので

自分が使いやすいメーカーを選びましょう!!

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

洗濯機、一度買えば長い付き合いになると思いますので失敗しない物を選びたいですよね!

家電量販店の店員さんに相談しながら買うのもありだと思います。

ちなみに我が家では

値段や使用電力量、使いやすさなどを考え

日立の

ビートウォッシュ

BW-V80B(W)

と、いう洗濯機にしました。

たまたま、店頭に日立のメーカーの方が居たので相談しながら購入!!

我が家ではとても満足しています!!

それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク