2019年気仙沼タラジギング開幕!マダラの肝を食べよう、下処理も!

釣りのこと

こんにちは、かめパパです(^^)

ついこないだ、

新年を迎えたと思ったら、

あっという間に2月になりましたね(*_*)

うーむ、今年もあっという間に終わるかも!笑

今回は、僕がお世話になっている気仙沼つり丸さんで、今年初のマダラが釣れたようですので釣果速報を書いてます\(^o^)/

釣り物の少ない、この季節に誰でも気軽に

ビックファイトが楽しめるマダラジギング!!

釣り物に悩んでいるあなた!!

こりゃ行くしかないですよ!笑

それでは早速…

チャレろぐの過去記事はこちらから宜しくお願いします

→気仙沼ジギングで釣れるお刺身の美味しい魚←

→気仙沼でおすすめスロージギング←

→つり丸さんってどんな船?←

→釣り人必見、県魚って知ってる?はこちら←

→気仙沼ジギングで釣れる魚は?←

→かめパパ釣果日記はこちら←

気仙沼マダラジギング開幕

2019年2月3日

海水温 9.5℃

水色 澄みぎみ

天気 くもり

この日の最大は69センチのマダラだったようです(^^)

その他にもアイナメやマゾイ、サバなど美味しい魚が釣れてますね(^∇^)

マダラが釣れ始める時期としては例年通り…

気仙沼でのマダラジギングは、水深が40~80mくらいと

浅めなので

ライトタックルで楽しめるのがポイントです\(^o^)/

ライトタックルであの強烈な引きを楽しめるのは

たまらないですよ!!笑

たまにメートル級なんてのも上がるので冷や汗ものです…

さらに今年は、大船渡でタラが大爆釣していますので

気仙沼湾も今後に期待大(^∇^)

とにかく寒いので、

防寒対策だけはしっかりして

是非、この時期ならではのビッグファイトを堪能して欲しいと思います(^^)

三陸タラジギングと言ったらこのジグ


タラの肝って食べれる??

マダラと言えば、身はもちろん白子や卵が有名ですが…

この時期に三陸で釣れるマダラは

ほとんどが産卵後のマダラになりますので

白子や卵が入ってるマダラが釣れる事はほとんどありません(^^)

たまーに、入ってる事もあるようですが…

僕は釣った事がありません(*_*)

その代わり、この時期のマダラには

大きな肝が入ってます!!

マダラの肝って食べれるの??と思う方もいると思いますが、

勿論食べれます!!

新鮮なマダラの肝は

濃厚こってりで、フォアグラにだって負けません!!

ちょっと言い過ぎか…笑

でも実際に、結構な高級品で200㌘で千円以上で売っていたりします…


タラの肝の下処理

さて、そんなマダラの肝を美味しく頂くためには

下処理が不可欠!!

今回は誰でも簡単に出来る、肝の下処理を調べて見ました(^^)

1・肝を取り出したら、肝に付いてる血管を可能な限り取り除く。

2・肝を作る料理に合わせ、ぶつ切りにする。

3・水1リットルに対し塩大さじ2杯ほどの塩水を作る。

  常温で30分程、先程の肝を塩水に漬け込む。

  この時に酒も混ぜると、より臭みが取れるようです(^^)

4・30分程漬け込んだなら、肝を優しく揉み洗いし

  キッチンペーパーなどで水気を拭き取ったら下処理は完了

濃厚なマダラの肝は、湯引きしてポン酢で食べたり、

ソテーにしたり、

湯引きした肝を醤油に溶かして刺身醤油にしたり、

なんといっても一番人気はマダラをふんだんに使ったタラ鍋!!

むむぅ…なんだかマダラが食べたくなってきた!!笑

マダラの胃袋なんかも美味しいらしいので、今度釣ったら食べてみるとします(^^)

皆さんも是非!!

それでは。

タイトルとURLをコピーしました