新築に趣味を取り入れるって楽しい!!家に趣味を取り入れる メリット、デメリット…

こんにちは、かめパパです。

皆さんは趣味ってありますか??

僕は、小学校の頃から今の年になるまでの間、唯一ずっと続けられている釣りと、

家を建てるのがキッカケでハマってしまったエアープランツが趣味です!

趣味っていいですよね、道具とか雑誌とか眺めてるいるだけでワクワクと心が踊ります(^_^)

そんな趣味をもっと身近に感じたくて、僕は家を建てる際に趣味を家に取り入れる事にしました。

趣味を取り入れるというのは、

僕達夫婦の場合、部屋にコレクションを飾ったりすることは勿論…

新築工事時に趣味に関連するコレクションを飾るスペースや棚を作ってもらったり、趣味の為の作業部屋を作ってもらったりした事です!

実際に生活して見て、良かった事や悪かった事も色々と見えて来たので紹介したいと思います。

趣味を家に取り入れるメリット

・何気ない生活が楽しい

・準備がしやすい

・家に愛着が湧く

・友達を呼びたくなる

何気ない生活が楽しい

僕はリビングに釣具を飾ってます(^_^)

ご飯食べながら、ふと横を見ると

そこに僕のロッドやルアーが飾られている訳です…

朝起きて、仕事に行く準備をしていてる時も横を見れば釣具達があるんです。

何気ない日常に、当たり前のように趣味を近くに感じる事が出来るので楽しいですね(^_^)

休日が近くなると、さらにワクワクが止まりません(笑)

また、エアープランツも冬場の間はリビングに避難させてますので毎日、好きな物に囲まれていて幸せです…(笑)

準備がしやすい、ちょっとした時間が趣味の時間になる

僕の場合は釣りが趣味ですので、

いざ釣りに行く時は釣具の準備が必要です…

今までなら、物置から釣具をひっぱり出して準備をしていたので

限られた少ない時間では難しく

なにかしら忘れ物をしたりと、準備が大変でした…

それが今では、身近な家の中に釣具があるので

ちょっとした暇さえあれば、夜寝る前などに

道具の準備や手入れなど、趣味の時間として使えます(^_^)

さらに嫁ちゃんの場合は自分の作業部屋があるので、少ない時間でも濃密な時間が作れます。

家に愛着が湧く

自分の趣味を家に取り入れると言うことは、それが自分の家に対するこだわりになるんだと思います!

新築工事の時から何をどこに飾りたいとか、趣味を楽しむ為のマイルームを作ったりと

こだわって作った家は世界に一つだけしかない個性のある自分だけの家ですので

必ず愛着が湧きます(^_^)

家を建てたら長い付き合いになるので、どうせなら愛着の湧く自分だけ家を建てるのも楽しいのではないでしょうか??

友達を呼びたくなる

これはもう、単なる自慢ですよね(笑)

こだわって作った家や、自慢のコレクションは誰かに見てもらいたいものです…

この年になってからも友達を家に呼べる環境があるこは素晴らしいことですよね!

同じ趣味を持つ友達ならなおさらです!

趣味を家に取り入れるデメリット

・飾り方次第で部屋がゴチャゴチャ、維持が大変

・新築工事時に前もって計画

飾り方次第で部屋がゴチャゴチャ、維持が大変

僕の釣具にしてもエアープランツにしてもそうですが、コレクションを飾る場合は置き場所や置き方次第でゴチャゴチャ見えてしまいます…

また、小さなコレクションを飾るとホコリが溜まった時に掃除が大変ですので、飾り方にも工夫が必要です。

ガラスケースやショーケースをを利用すると掃除がしやすいです!

僕はショーケースに飾ってます!

新築工事時に前もって計画

僕みたいにショーケースに飾る場合、

設置場所を新築工事時に前もって考えて置く必要があります。

デザインも新築のイメージに合うような物を捜す必要も…

また、アクアリウムなどが趣味の方は水槽を置く為の頑丈な台などが必要になると思いますので前もってハウスメーカーなどに伝えて置く必要があります!

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

僕は家に趣味を取り入れることで普段の何気ない生活が楽しくなり、自分の家が大好きなりました(^_^)

色々な趣味があると思いますので、車が趣味な方は家の中から覗けるガレージを作ったり、アクアリウムが好きな方は水族館をイメージして家を建てるのも楽しいと思います(^ω^)

自分のアイデア次第で、趣味を取り入れた自分だけの家が建てれますので

家を建ててからではなく

新築工事時にしっかり計画を立てて

家を建てる事をオススメします!!

皆さんも是非!

それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク