ティランジア(エアプランツ)の花芽が折れたときの対処法!!かめパパの三十路おっちゃん多肉植物日記part22

こんにちは、かめパパです(^^)

ティランジアを育てていると色々な楽しみがあると思います(^^)

その中でも一番の楽しみは、

やっぱり「花」じゃないでしょうか\(^o^)/

そんな花ですが…

ティランジアを長く育てていると、

時間をかけて苦労して

やっとの事で出てきた

待望の花芽を

ふとした瞬間にポキッと折ってしまう事があります…(*_*)

僕も先日、とってもとーっても開花を楽しみにしていた

カクティコラの花芽が

いつの間にかポキッと折れていましたm(__)m

正直かなりショック…

大きな精神ダメージを受けました…

そこで今回は、もし花芽を折ってしまった場合の対処方法を調べて見ましたので

ブログに残したいと思います(^^)

それでは早速…

↓チャレろぐの過去記事も宜しくお願いします↓

→エアープランツってどんな植物?はこちら←

→春が来た!エアープランツを屋外栽培に切り替えるタイミングはこちら←

→本物派?フェイク派?新築に置くならどっちのグリーン?はこちら←

→三十路おっちゃん多肉植物日記~チランジアのことも書いてます~←

→新築祝いにおすすめなチランジア5選はこちら←

→チランジアに肥料は必要?与え方は?活力剤って?はこちら←

→かめパパの観光、雑記(興味ないなんて言わないで)←

→ティランジアの冬場の室内管理、育成ライトについて考える←

ティランジアの花芽が折れたら

まず、一番の問題点は

折れた花芽が復活するかどうか?だと思います…

答えは…

残念ながら折れた花芽が復活するということはないようですm(__)m

ですので、花芽が折れてしまった場合は

その花は諦めるしかありません…

しかし!!

花は無理でも、プラスになる事もあります!!

どうやら、ティランジアの子株は

花が咲く事で発生するのではなく

花が咲くまでの過程のどこかで

発生するようです…(^^)

植物にとって、花を咲かせるという事はかなりの労力を必要としますが…

花芽が折れる事によって開花で消費するはずだった労力を

子株のために使う事ができるんですね\(^o^)/

聞いた話によると、

ティランジアの子株を多く出したい場合は、わざと花が咲く前に摘んでしまう!

なんて話しもあるみたいです(゚ω゚)

実際に、花芽は折れてしまったけど子株が出たもいう話しもあるので

もし花芽が折れてしまったり、開花が失敗したとしても

悲観的にならずに次の世代に託しましょう!!

花芽が折れたときの唯一の対処法としては、

ティランジアが余計な労力を使ってしまう前に、花芽を根元からカットしてしまう事だと思います(^^)

子株が沢山のクランプになって、一斉に花を咲かせてくれたら最高ですよね\(^o^)/


諦めずに大事に育てましょう!!

それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク